ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

ISO1600のWDRが凄い!Andoer AN1 4K WiFi アクションカメラレビュー

 | 
解像度4K 1080p、最大画素数20MPで気軽にタッチスクリーン式で操作できる「Andoer タッチスクリーン式 4K WiFi アクションカメラ」。例のごとくドローンに搭載して撮影。こいつの凄さはISO1600+WDRとジャイロ精度だった!
Andoer 4K WiFi アクションカメラ ドローンに搭載

Andoer 4K WiFi スポーツカメラ アクションカメラ機能

私の愛機ドローン「MJX Bugs3」にアクションカメラを搭載してゆっくり上昇し、遠景を撮影しつつ、光源の位置をずらして、WDR機能の精度のチェック、および急速旋回などの振動がある状態での撮影機能テストを行ってきました(毎度の事)

それでこのAndoer タッチスクリーン式 4K WiFi アクションカメラについてわかった事、感じた事をまとめてレビューしていきます

直感的なタッチスクリーン式の操作対応

従来のアクションカメラはボタン操作によるアナログ操作だったのに対し、こちらのアクションカメラは画面を上下左右にフリックする事で録画→写真モード、設定画面の呼び出しといったコマンドが直感的に操作できるようになっています

Andoer ANシリーズは軽く超えたWDR機能

Andoer AN5000を持っていますが、唯一の弱点はWDR機能だった・・と音量を低くしていいたい!(メーカーさんの手前)。早い動きで光源の位置が変わるケース(順光→逆光)の場合、WDR(光源にあわせて自動で彩色のコントラストを調整)をONにすると、fpsがカクカクとなり、完成した映像が一部スローになっていたり・・そのため、AN5000を使って撮影する際は、WDRをOFFにして撮影してました・・が!

今回のアクションカメラにおいては、高速で移動しても、WDRがスムーズに働き、フレームレートのカクカクが起きなかったので、やはりメーカーも日々進化してるんだな~(∩´∀`)∩と絶賛

ISO感度1600まで対応

ISOとはデジカメにおける光を捉える能力を表す値で、数値を上げるほどに電気信号を増幅させるため、光量が少ない状況(暗い所)であっても、適正な露出を確保できるという仕組み。数値を上げれば上げるほど良い・・という訳でもないので注意(画面にざらつき感がでたりする)

従来の中華の安いアクションカメラでは,ISO自体の設定項目がなかったり、あったとしてもせいぜいISO400~800が最大でしたが、このカメラに関してはISO1600まで選択可能になっているので、曇天の曇り空であってもわずかな光を集めて草が綺麗に映されてます

オービット旋回でも水平がブレないジャイロ機能

オービット旋回とは、被写体を中心に360°回るという飛行テクニックです。この時アクションカメラを搭載して行うと水平を維持し、振動をカットするジャイロ機能の真価がわかります。旋回中は機体もカメラも斜めになっている訳ですが、撮影した映像を見ればわかるとおり、画面はほぼ水平を維持して撮影されています

急制動に対し、カメラのジャイロ機能が自動的にあわせて調整してこの映像なので・・ジャイロジンバルが必要ないですね

Andoer 4K WiFi アクションカメラは紅葉撮影に良いかも

ISO1600でWDRを使えば曇天でもこの鮮やかさ

このアクションカメラは、WDRとISO感度の調整が非常に優秀。冒頭の動画の中で光源角度や位置によって、木や草の色鮮やかさが大きく変わったのはわかりますよね。紅葉のシーズンなんかは天気が崩れて曇天などのケースもありますが、ほんのわずかな光源をもとに、色鮮やかな紅葉が撮影できちゃったりなんかするかもしれないので、Andoer 4K WiFi アクションカメラ は手持ち撮影用カメラとしてもおすすめです

Andoer様より割引クーポン頂きました
9/30まで30%OFFコードがこちら:KHYWWWKL
販売元はAndoer Official-jpを指定してください。

デメリット:形が従来のアクションカメラと違う

互換性はない

従来のどのアクションカメラともボタン配置や形状が違い、正方形に近い形になりました。その結果、他のアクションカメラのマウントパーツとの互換性がなくなり、専用のアクセサリーを固めないと使いにくいというデメリットがあるので、アクションカメラを何台も用途別に使いまわしてる人にとってはデメリット(-_-;)

ただ、カメラ自体にネジ穴がついているので、むき出しでもいい天候であれば逆にマウントアクセサリーを使わず、軽量化という意味ではメリット?防水ケースに入れるとタッチスクリーンの操作ができない・・(;´・ω・)うーん、今後のメーカーの課題はタッチ操作が反映される防水ケースか?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です