ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

充電式電池はどれがいい?安物買いの銭失いのお話

 | 
長時間撮影する定点観察機器を使ってわかった電池の真実・・。安いからとまとめ買いした電池では持ちが悪い?アルカリ・ニッケル・リチウムイオンの用途の違いなど詳しく調べてみた

電池切れ・・定点観察動画で犯人を取り逃がした・・
スイカが食われた
我が家で育てている野菜はこちらの撮影機材で定点観察しています
そんな、うちのスイカの成長を定点観察していた際に、スイカが何者かに食われた形跡を発見!これは定点観察した動画の中に犯人を特定する証拠があるのでは!?・・と動画を確認してみると・・
犯人が映ってないだと!?(゚Д゚;)
・・というのも、観察4日目くらいで・・電池が切れてしまったからだ
おかしいな・・最初の頃は余裕で1週間とか撮影できたはずなのに・・もしかして、使った電池が違うから?電池の性能で撮影可能期間はかなり影響されるのでは!?という結論に
撮影時に使っていた電池は、100円均一やスーパーなどで販売している安物のバリュー製品のアルカリ電池で、緊急時に使えればいいやとまとめ買いしたもの
電池の持ちが悪い
容量について具体的に書いてる情報がなかったのですが、eneloopの半分という事らしいので・・
参考:

  • eneloop単3:1900mAh
  • イオントップバリュー単3:950mAh
なるほど、そりゃ撮影時間も短くなる訳だ・・(-_-;)
という事で、改めてただの電池!されど電池!容量の大切さという事を考えてみた
mAhという電力量を意識したきっかけは、モバイルバッテリーを手に入れた際の充電量です
単純な話、電池に蓄えられている電力量が多ければ多いほど、長い時間利用できると思いますが、実はニッケル・アルカリ・リチウムイオン・マンガンなど形式による違いも大きく電池性能に関係があるようです

充電電池ならどのタイプがいいのか?特徴を調べてみた

マンガン乾電池の特徴

安価で経済的、リモコンなど比較的小さな電力で動くものにおすすめですが、充電用途では使えない

アルカリ乾電池の特徴

マンガンの約2倍の利用時間、デジ亀、ヘッドホン、モーターを使うおもちゃなど、長い時間を利用するのにおすすめですが、こちらも充電用途では使えない

ニッケル水素電池の特徴

アルカリの約1.2~1.5倍、デジカメなどでは約2倍長持ちで大きな電力を必要とするものにおすすめ

リチウムイオン電池の特徴

ニッケル水素電池の約3倍の電圧。軽くて大きな電力を持っている事から、携帯電話やノートパソコン、ビデオカメラなど、モバイル機器になくてはならない最先端の電池
こうやってみると、長時間録画機器に充電して使うならリチウムイオン電池が最適で最高性能だが・・バッテリーって(;´・ω・)電池ちゃうがな
別にそこまでじゃなくてもいいやってレベルなので、一個スペックを落として、次に性能がいい、ニッケル水素電池で検討してみる事にしました

充電式ニッケル水素電池容量・価格別ランキング

ちなみにこの中で私が注文したのはAmazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池 充電器セット 単3形充電池8個パック付です

理由1:長期間の利用と電池容量劣化の問題

使用してない機器に電池を入れっぱなしにしておくと、電池残量は消耗されなくなりますが、この状態でさらに消耗すると電池を再充電した際に、パーマネントロス(不可逆な容量低下)を起こすそうです。つまり、MAX容量まで再充電ができなくなるという事
この点についてAmazonベーシック高容量充電式ニッケル水素電池は優れた回復力を持ち、100%まで回復するとの事で選びました。定点観察機器という電池が切れるまで完全放置&繰り返しの使い方なので、私にとっては結構重要なポイント(≧▽≦)

理由2:一回4本ずつ利用×2の入れ替えができる8本セット

充電して使いたい機器が一回4本使うので、8本セットだとサイクルができるというのが大きいです。4本だと充電が終わるまで撮影ができなくなってしまうので(;^ω^)

電池&充電器セットが届いたので一言言いたい!

Amazon 充電電池 モデルチェンジ?
箱を開けてびっくり(゚Д゚;)黒・・くない!なんでしょうね、外観をモデルチェンジしたんでしょうかね
電池の横にはちゃんと2400mAhの容量記載があったので別の商品ではないよね・・(;´・ω・)
※この件についてはAmazonに問いあわせしてみた
Amazon問い合わせの結果報告
Amazonチャットを使いカスタマーサポートさんに問い合わせ、尚且つ後日、電池担当サイドにも確認をとってもらった事実です
外観はモデルチェンジされていたようだが、商品ページのサムネイルはモデルチェンジ前のデザイン(黒)を掲載。こちらについては順次入れ替えをしていく予定だが、現在は、新・旧商品が混在しているため、表示されているイメージとは違うものが届く事がありますと注記する形で対応との事

充電器のランプ表示の説明

Amazon 充電器のランプの状態
状態 状況説明
点灯 正常に充電中
点灯→消灯 充電完了
点灯しない 充電できない
0.5秒おきに点滅 異常事態発生
なるほど・・ランプが点灯しっぱなしって事は・・届いた直後は充電されていないようです(汗)
当初は、出荷時に満タンにすると、売れるまでに、自然放電で電池が消耗してしまうの防ぎ、なおかつ強みでもある再充電で容量100%復元のための配慮なのかもしれないですね・・
なんて考えてましたが、どうやら倉庫保管の間に自然放電で消耗していた可能性があります
そのままも使えるかもしれませんが、電池残量は若干減ってる可能性はあります

充電時間

サイズ 容量(mAh) 充電時間
単3形 1900 7時間
2400 9時間
単4形 750 6時間
付属の充電器は単4形も充電が可能なので、今後同じタイプを買うようであれば使えます
しかし・・結構な時間がかかるようですね(;´・ω・)急速充電とはいかないみたい
※電池に詳しい人からのアドバイス
電池がまったくの空だと逆にまずいから、販売時点では満タンで出荷したものの・・恐らく出荷までの倉庫保管期間に自然放電で減っていたのではないか?という事なので、以下の内容も理解したほうがいいかと

知ってお得なニッケル水素電池のメモリー効果

ニッケル水素電池に起こる現象として、メモリー効果(メモリー現象)という症状が発生する事があります。これは電池残量が十分に残った状態でつぎ足し充電を繰り返す事によって、電池が短時間使用を記憶してしまい電池電圧が下がってしまう事らしいです。
特にデジカメなど、機器が電池切れと判断して動作を停止させるものにメモリー効果が影響し、使用できる時間が短くなる事が起きるそうですが、2~3回程度の利用では起きる事ではないので、長期的に利用していった際、初期に比べて利用時間が減ってきたかな?と思ったら疑うレベル
また、こちらのメモリー効果を実感した際の対策として、デジカメなどを起動させる電圧がなくなったら、ライトや電動おもちゃなど、比較的、省電力で動作する機器で電池残量を使い切ってしまってから、満タン充電すると、メモリー効果が改善され、電池本来の性能に戻ります(寿命の場合はこの限りではない)
今回のスイカ事件で、電池の事を調べてみて、改めて思いました
安物買いの銭失い
100円均一やスーパーで20本セットで498円とか、格安で売ってるアルカリ電池は、確実に性能が低く、すぐに電池切れをしてしまうという事。もともと懐中電灯や小型の電化製品向けなので、長時間撮影などの録画機器には向いてないって事がよくわかりました(-_-;)
まぁ、USB給電とか、モバイルバッテリーを繋いで動かすものなど、最新の機器も増えてきたけれど、電池を使う製品はまだまだたくさんありますからね
どんな用途であれ、電池は充電式のほうが、長期的に考えれば確実にお得
しかも、頻繁にゴミも増えないし経済的かもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です