ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

自分の人生に役立つ個人能力を高めるトレーニングソフト

 | 
速読術、記憶力、タイピング、すべてが連動して総合的に自分の能力を高めるトレーニングソフト
学校教育で学んだ事というのは、最終的にテストにでるよ~のレベル
いくつか用意された学力検査をパスするために強制でやらされてる事ですが
自己啓発というのは、自分で自分の能力を伸ばしたい!という事
ゲームで言うならレベル上げをしたい!という事です
自己啓発 ギター
「ギターにどっぷりはまって、学業をおろそかにして・・」と周りがいっても最終的にプロミュージシャンとして成功してれば、それは自己啓発の賜物
自己啓発 野球
野球部の練習の後に、自宅で素振り千回を自主的に行った事で、高校では強打者、プロ野球選手になってホームラン選手になるのもまた自己啓発
それはそのための努力=自己啓発 という事です
これをやれ!という強制の勉強ではありません
でも、これは特殊な例の自己啓発です(;´・ω・)
あくまでも日常、一般社会を切り離したまったく違う道
自分の能力を伸ばした所で、最終的に役立たないと意味がない訳です
では日常、社会にでて役立つ自己啓発って何か?

速読術は全体像を素早く理解できる

  • 速読って推理小説とか長い文章を読む人以外使い道がないんじゃないか?
  • 速読って流し読み、斜め読みでだいぶ飛ばしてんじゃないか?
速く読むという能力に対して、あんまり伸ばしても意味なくね?と思うけれど
『要点を抑えて全体を素早く把握する』という意味では実社会でかなり役立つ能力です

全体から速く要点を掴むという事

自己啓発 パズル
パズルを組み立てる時、まず四隅のピースから組み立てますよね?
まず土台となる角を決めて、そこにくっつくパーツを探して外堀を埋めていくのがパズルを素早く攻略するテクニックです
作者がある物語だと、作者は何を伝えたいのか?まず全体を素早く読み解く事で、物語の輪郭が見えてきます
速読は一回で終わり!というルールはなく、単純にそれを繰り返す事で、読み落としがないか、より細かい所まで素早く再チェックを行えます
これが会社で他人が書いた書類、報告書のチェックだったとしたら?
人によって文章の作成能力というのは個人差があります
理路整然と端的に要点をまとめてくる人もいれば・・
支離滅裂で伝える順序がめちゃくちゃ・・などの壊滅的に迷惑な人もいます
形式というものがないなか、どこからどう読み解くか?もまた自由
速読ができると『こいつは何を伝えようとしてるのか?』が見えてきます
まずは全体を素早く読み解く能力として社会(事務・管理職)で役立ちますね

記憶力はテクニックで伸ばせる

記憶というのは、記録と違い形に残りません。だから記憶力というのは個人差が物凄くでます
例えば交通事故で当て逃げされた時、一瞬だけ見た相手の車のナンバーを記憶できる人もいます
・・それはある意味特殊能力だから、普通の人はできないんじゃ・・と思うかもしれませんが
記憶力は記憶術というテクニックで伸ばす事はできます
記憶というと、すぐに目でみた映像を思い浮かべる人も多いですが
その方法は多種多様、臭い、時間、映像、音など、目に頼らない記憶方法もあり
ただその『効率的な記憶の方法を知らないだけ』という人も多いです

タイピングは脳力を鍛える

おそらく人生で一番役に立つのはタイピング能力です
古くはタイプライター、ワープロ、そしてキーボードでの文字入力
これらはとても複雑な情報処理を行っています
当たり前のようにやってますがブラインドタッチがまさに凄い技術なんです!
例えば、一般的にタイピングの練習を始めた初心者の頃は
みんなキーボードを目で見て、一文字ずつ探して使い慣れた指で押しますよね
自己啓発 タイピング
でも、キーボードの配置は初めての人にはめちゃくちゃ複雑
それを普段はあまり使う事がない薬指や小指までフルに使って入力します
さらに加えて多くの人は、当たり前のようにローマ字打ちをします
文字にして説明するとどれだけ複雑な操作を脳が一瞬で処理してるか実感できます(笑)
自己啓発 タイピング
  • あa:左手小指
  • かka:右手中指→右手小指
  • をwo:左手中指→右手中指
  • っltu:右手中指→左手人差し指→右手人差し指
画面上ではたった一文字であっても、文字にして操作説明すると・・ん?ん?(;´・ω・)となります(笑)
でも、今では何も考えず、手で文章を書く感覚で
ブランドタッチでキーボードを見る事なく入力できるようになりました
能力開発って凄い!(;゚Д゚)って実感できるのはまさにタイピングだと思います
指を使うというのは脳の活性化にとっても良い健康法であり老化防止やボケ防止になります

全て連動して総合的に脳力が伸びる!

速読できるから何?記憶力が凄いから何?タイピングが早いから何なの?と一部の能力が特化した所で・・と思うかもしれませんが、これらを高めるという事は、複合的に様々な能力が上がる事を意味します

速読+記憶力

ぱっと見た膨大な情報を速読で処理する際にそれを映像として切り取る瞬間記憶力
またそれを繰り返し見落としがないかのルーチンが早くなる

速読+タイピング

参考資料を読みながら、脳の情報処理を瞬時に指が連動するタイピング能力

記憶力+タイピング

何もない状態から記憶している映像を引き出しそれを瞬時にタイピングで文字として具現化
  1. 速読で多くの知識、情報を大量に収集する
  2. それを記憶力、記憶術で脳に記憶としてストックする
  3. 記憶から瞬時に文字として出力できる
  4. 指を使えば使うほど脳は活性化されるので脳力は落ちない
ひと昔前ならブラインドタッチできるんだぜ!( ̄ー ̄)ニヤリ(゚Д゚;)すげー だったけど
タイピングは今の世代はもうできて当たり前という世の中なので・・
普通であって能力ではありません
でもそれ+『速読での情報処理能力』+『記憶力・記憶術』
一度に取り入れた大量の情報を効率よく処理できるという土台あってこそ能力
ひとつの能力を伸ばすだけじゃなく、複合的に関連する能力を伸ばす事
まさに自分の長い人生に役立つレベルアップだと思います
やるもやらないも自分しだい、それが自己啓発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です