ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

DEATH STRANDING考察 ダリルが出る時点でTWDファンはたまらない

 | 
DEATH STRANDING のゲーム内容はわからないが、ウォーキング・デッドのダリルことノーマン・リーダスが主人公キャラクターという時点でこのゲームの世界観がサバイバルだという事がよくわかる

主人公:ダリルでおなじみノーマン・リーダスの圧倒的存在感

ダリル
海外ドラマ、ウォーキングデッドを見てる人と見た事ない人では、このPVの映像を見た瞬間に受ける衝撃に差があるだろう
ある日突然ゾンビによって壊滅してしまい、文明や人としての道徳が失われた世界で、人すらも気軽に信用できない過酷なサバイバルを生き抜くウォーキングデッドという大人気の海外ドラマにおいて、主役よりも圧倒的に人気が高く、世界中の男性、女性からも支持されたワイルドなキャラクター
バイクが似合う寡黙でニヒルなボウガンで戦うアーチャー それがノーマン・リーダス演じる、ダリルという男
彼は口は悪いが冷静沈着、常に仲間を大切にし、見知らぬ人間も自分の危険を顧みず助けようとする。例え自分が罠にかかり捕まって拷問されようと仲間の居場所は絶対に口を割らない。隙を見てひとりで脱出する生存能力の高さ、サバイバルと言えばこの男!
それがダリルというイメージが定着した俳優ノーマン・リーダス
だからこそ、ウォーキングデッドファンは、このDEATH STRANDINGというゲームは生き残りのサバイバル!彼は人のために動く男だろうと瞬時にイメージがダリルとして定着するのだ
おそらく彼を起用したのも、その狙いは大きいと思う
  1. ダリルなら、どんな過酷な世界でも生きていける
  2. ダリルならサバイバルを乗り切れる
  3. ダリルなら仲間を見捨てない
  4. ダリルなら最後までやり遂げるまで諦めない
きっとプレイヤーはダリルになりきって、ダリルならこうするだろうという選択を楽しみにすると思う
DEATH STRANDING ダリル
本当は俳優のイメージがひとつの作品に結びつくのはあまり良くはないのだが、ゲームのコンセプトここまで合致したドラマ俳優が過去にいただろうか?この興奮を理解するためには、まずDEATH STRANDINGをプレイする前に、ウォーキングデッドをシーズン1から最低でもシーズン8まで見る事をおすすめする
シーズン1からシーズン8まで、様々な出来事があり、様々な事件が起きて、多くの仲間と死に別れ、時には騙し、騙されをへて、ダリルというキャラクターは成長してきた。この顔の変貌は役者が年を取ったという変化だけではないんですね( ̄▽ ̄)そこは見てのお楽しみ
ノーマン・リーダス演じるダリルというキャラクターなら、DEATH STRANDINGの世界にいてもきっと生きていける、そう感じざるをえない気持ちがわかるようになると思います(笑)
Netflixとプライムビデオで一気に見れますよ! >>プライム会員になれば1日あたり10円で動画も音楽も見放題、聞き放題!

DEATH STRANDING 過去動画も含め検証

今回の2018 E3の動画だけでは内容はさっぱりわからんけど、2016年、2017年の公開動画もあわせて検証してみると徐々に世界観のようなものは見えてくるのであわせて検証してみた※タブの中身に動画から抜粋したキーワードあり
  • カニ、水が引いた後 全部黒い糸がつながっている
  • 赤ん坊の人形 ロボット?
  • スーツを着たおっさん 胸のバッジにBRIDGESの文字 頭を縫った後あり 赤ん坊のビンを抱えている
  • 荒廃した都市の上空にゼロ戦戦闘機 黒い糸がつながっている
  • 〇ー328と書かれた戦車が通る 巨大ミミズのような生物 屍の軍隊
  • おっさんの足元に黒い水(時雨?)赤ん坊のビンにパイプを繋げてセンサー起動
  • 足元に赤ん坊の人形 黒い糸が絡みつく
  • 水路の奥に赤く光る屍の兵隊 全員黒い糸がつながっている
  • 白髪の隊長が行進の指示を出して黒い糸が赤く燃えながら切れる
  • 隊長にやりと笑う 黒い水が消えている
  • 「昔爆発があった、この宇宙は爆発で生まれた この生命は爆発で生まれた」「そしてまた爆発が起こる」
  • 運び屋は一人ではなく、チーム?(過去の話?)
  • 「いるぞ!サム!」 「しゃべるな、息もするな」
  • 赤ん坊センサーは遠ざかると静になる
  • 荷物のような物体が黒い闇に飲まれた これがポイドアウト?
  • 引きずられていく仲間に すまん と銃でトドメ 苦しまないように?
  • 空中から謎の仮面男が現れる 仲間?
  • 直後に逆さになって空に上がっていく仲間 必死に自害しようとするが死ねない
  • とんでもなく巨大なな何かが立っている(幽霊の紐はここにつながっている)
  • 仲間が巨大な何かに食われた瞬間に爆発
  • 深い海に沈むサム 水面に浮かんだ他の人間をパクっと食べるような巨大な魚
  • サムに黒い紐がまきついている
  • サムの体の中に赤ん坊が!?
  • 水中ではなく荒野で目を覚ます
  • 黒い水を吐き出し、虫のようなものもでてくる(クリプトビオシスのおかげで助かる?)
  • 目の前にクレーター、空中に5人の人影
  • 「これが我々が目撃する最後の爆発になる」
  • 「サム・ポータス・ブリッジス 伝説の配達人」って事は知名度の高い有名人?
  • 涙、カイラルアレルギー
  • あなたもドゥームス レベル? 絶滅因子 あんたほどじゃない
  • 見えてた(黒い影について) 感じる程度
  • 私のとこ(コミュニティ?組織?) 「手伝える事はない 物を運ぶのが俺の仕事だ」
  • 荷物運びの荷車が無重力ホバー?のように浮いているのでテクノロジーは高い世界
  • 水の中を歩く トンボのような生命は普通にいるようだ
  • 崖を上るシーン トレッキングシューズに履き替えている(長靴は横にくくりつけている)
  • 配達物に人間?(死体か眠っているのか時雨に晒されないための防護?)
  • 雨・風の天候
  • 梯子などのギミックは自分で持ち歩く?色々種類がありそうだ
  • 崖で荷物多すぎなのは、運び屋としての依頼をまとめて受けすぎパターン?
  • ロープで崖を上る時の景色はいいな
  • 命を穢せ 腕のどくろに秘密あり? 右半身が鳥肌(カイラルアレルギー?)水疱瘡のように赤い斑点
  • 姿なき手形と獣のような唸り声
  • 謎の女登場、背中にFRAGILE expressの文字&ていうかスーツとげとげすぎない?
  • 息を止めると見つからない?キョンシーかな?(懐かしいw)
  • よく見ると空に透明な人影 死に触れろ
  • 「街に行くのね」 ていうかその傘のカタチが斬新すぎて雨しのげなくない?
  • 「気を付けて、奴らはいったようだけど時雨は触れたものの時間を進める」
  • でもすべてを消し去る訳じゃない(ここがスプライトっぽい)
  • 「過去は捨てられないものよ、だからまた逢いましょう。サム・ポーター・ブリッジス」
  • 躰を差し出せ
  • 「サム大丈夫か?(仲間の運び屋?)カイラル濃度が上がってる」
  • 「信じられない凄い数だ 時雨がやむのをまつ」 「無理だ完全に囲まれている 早くここをでないと気づかれる」
  • 奴らに食われるとポイドアウト?「あんたは帰還者だから戻ってこられるがその一体はクレーターになる」
  • いい手がある ビンにケーブルを差すと赤ん坊、背中のアンテナが光って動く
  • センサーが照らすと空中の黒い影が見える(黒い影に紐がつながってる)
  • センサーで黒い影の位置を探りながら、見つからないように行動する
  • 近いとセンサーが活発に音を出し、影も色濃くなる 影の形はそれぞれ違う(男のような、妊婦のような)
  • 黒い影に気づかれると地面の闇に引きずり込まれた
  • クリプトビオシス 時雨にも耐性がつく 芋虫みたいな?
  • 「遅すぎたわ、私が誰か、まだわからない?」 「誰なんだ」
  • 魂を捧げろ
さて、これだけの情報から勝手に考察をまとめていくとこんな感じになる

DEATH STRANDINGの世界観考察

荷物はホバーボードのようなテクノロジーを使えてるので荒廃した世界ではなく文明はある。時雨という触れると時間が進む特殊な自然天候(それが判明し認知されて対策もある)カイラル濃度、透明な獣、幽霊のような黒い人影が存在し、それらがどういうものかわかっている。
赤ん坊を媒体とした特殊なセンサーで回避できるが、幽霊につかまるとポイドアウトという現象が起きてその一体はクレーターになる。しかし、帰還者の場合は、その影響を受けず戻ってこられるらしい
結局の所、ポイドアウトに巻き込まれた時、赤ん坊のセンサーを持っていた事と、黒い海(時雨)の中で偶然にもクリプトビオシスが体内に入っていた事が幸いして帰還者となった結果、見えないものが肉眼でうっすら見えるドゥームスというものになってしまったのかも?
謎の女性、とげとげスーツのFRAGILE expressという組織はもしかしたら、そんなドゥームス、帰還者たちの組織かもしれない。で、その中でもはっきりと肉眼で見える人は絶滅因子と呼ばれるレベルって事かな
サム・ポーター・ブリッジスはその世界では有名な伝説の運び屋(おそらく帰還者というのが強み)時雨のせいで人々は外に出る事ができない、物流ができないため運び屋が重宝されるのかもしれない
単純なホラーではなく、時雨というランダム要素の自然天候、いつどこに現れるかわからない黒い影をうまく回避しながら荷物運びの依頼を受ける運び屋として完成された世界観の中で謎を解いていく壮大なファンタジー作品
かと思えば、E3 2016のいかにも権力のありそうな組織のバッジをつけたおっさんが、時雨対策?の赤ん坊を大事そうに抱えて逃げている点と第二次世界大戦を時期を匂わせるゼロ戦や戦車に軍事的な兵隊と近代的な武力兵器もあるので、時間軸がまったく読めない
オチ、ラストが全く読めないのが、そもそもあの巨人はなんだ?(゚Д゚;)幽霊みたいな影はみんなあの巨人から腐りで縛られてるのか?もしかして、絶滅因子レベルに発展すると、幽霊や透明な獣がセンサーなしで姿が見えるようになるのではないか!?
あと、一番気になるのが時雨という触れたものの時間を進めるっていうアレね
スプライトっていう漫画にも同じような表現があって、時間の波に飲み込まれる事で、その中に入った人は時が一気に進む。200年前から来た人、戦国時代から逃げてきた子供等、時間軸が前後してループする事もあったりで時間逆行もありえる?
スプライト
そういう意味では動画のラストのセリフ
「遅すぎたわ、私が誰かまだわからない?」
「誰なんだ・・」 っていうやりとり
これはサムが闇墜ちならぬ幽霊というか、人ならざるものになりかけているとかそういう状況だったりして・・
あるいはポイドアウトを繰り返す事で時の流れと現れる時代が変わるとか!?そういえば、爆発によって世界が生まれた、爆発によって生命が誕生したとか言ってるから、ひとつの時代の時間軸設定に捉われないのかもしれない。
あれは単なるサイバーテクノロジーが進んだ未来の世界のシーンだけで、実はもっと現代的な時代に転生?(ポイドアウト)みたいな・・?そう考えると・・わからん┐(´∀`)┌ (゚Д゚;)おーい
とりあえず、メタルギアソリッドシリーズはまったく興味がなくてやってなかったけど、DEATH STRANDINGはSFホラー+謎解きアドベンチャーアクション+広大な景色を美麗グラフィックで堪能しつつ不思議な世界観を持った探索ゲームという事で興味深々!
百聞は一見に如かず( ̄▽ ̄)買いだな! ダリル追体験ゲームww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です