ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

PSVR イモータル・レガシー不滅の禍のクオリティが高い!

 | 
PSVRの本格ホラーガンアクション&VRリモコン操作を新感覚で使い倒す!しかも遠景のクオリティがヤバい!体験系でおもしろい!イモータル・レガシー不滅の禍のレビューです

#3以降は一度クリアした後なので、時間はかなり短縮でさくさく進んでます(笑)
先に言っておくと・・見るとやるでは大違いなのですよ!\(◎o◎)/!
実際に仮想空間の屋外を歩いて落ちそうな吊り橋を渡る感覚に加え、往年の初代バイオハザードのようなどこから襲われるかわからないホラーな展開まで目白押し!最後はしっかりとPSMOVEリモコンを使いこなせる技術がないとクリアできないガンシューティング要素もあってお腹いっぱい・・だが!
謎の美女クシャナとお色気要員のクッキーパイという癒しのおかげで、続編に期待できる!だってまだなんも謎解明されてないからね!
最初は移動中の軍隊の飛行機の中、主人公タイヤの過去を知る美女と共にどこかへ向かっている。そこへ謎のモンスター出現で飛行機は墜落、美女は行方不明に!?
墜落のショックで意識がもうろうとする主人公は回想シーンの中で操作のチュートリアル。この操作が慣れるまでめちゃくちゃ難しいし、移動でVR酔いをする人がいるかもしれない
けど、直感的に水平移動+前身、30°左右旋回+水平などを覚えてくると没入感が増してくる
イモータルレガシー不滅の渦 クシャナ
イモータルレガシー不滅の渦 クッキーパイ
回想シーンを抜けて意識を取り戻すといきなりガラの悪い傭兵にとっ捕まっている状態から物語は始まる。殺される・・!?という所で謎の美少女登場。服装的にも完全にゲームの世界観にあってない
自称ユーチューバーと名乗る少女はこの島に龍の伝説を撮影するために現れたという事で、どうやら世界観は現代?と変わらない設定のようだ
その少女に助けてもらう条件として護衛をする事になるが、あまりにも勝手に進んでいくため、彼女は捕まってさらわれてしまう。その少女の行方を追いつつ、はぐれた最初の美女も探しつつ、謎の傭兵集団を倒しながら島を奥へ進むと・・
ここでまったくもって世界観が謎になる存在が登場してくる・・という所でストーリーのざっくり解説はやめておこう(笑)

世界観が謎すぎて逆に引き込まれる!?

最初は、主人公の母親が何者かに殺されたというトラウマから始まり、主人公はその母の死の謎へ繋がる旅をしている事から、これってシェンムーみたいな感じなのかな?という印象を受けた
しかし、途中からユーチューバーという現代すぎる謎の存在が現れる事で状況がよくわからなくなる。場ににつかわしくないスカジャンにミニスカートという服装(けしからん、もっとやれ!)で世紀末感あふれる傭兵と軍隊上がりが銃撃戦を行うような秘境にいる違和感
流れ的に巨大なモンスターだったり、気持ち悪い怪物がでるホラー要素はあるだろうと予想はしてはいたけれど、その期待の斜め上を突っ切っていく、近未来サイバーSFチックかつファンタジー魔法系おねーさんとサイボーグの登場!?
時代背景も世界観も登場人物それぞれの役割も何もかも謎で、これぞゲームだな~という印象を受けるのに・・

VRのクオリティが高すぎて仮想現実です!

今までいろんな体感系VRやってきたよ・・それこそ苦手なホラー系のバイオハザード7もやった、レース系も飛行機も格闘系も全部やってきた・・そして、大半のVRゲームではもう VR酔いなど起こさないと自負できる自分だからこそあえていおう!
このゲームのVRクオリティはヤバい!(゚Д゚;)
  • 遠景の景色と自分の立ち位置の距離感半端なくピントぴったりでリアル感やべぇ!
  • 歩く速度もゆったりで立ち上がってプレイすると尚更ぱねぇ!崖とか怖ぇぇ!
  • 人物の創り込みやべぇ!目とか歯とか細かい所まで!?(女性キャラは一時の癒し(*´Д`)ハァハァ)
中毒症状でてますね・・(早くあの世界へ)

PSMOVEのエイムが難しすぎて当たらない!(# ゚Д゚)ノ

このゲームはPSMOVEリモコン2本で操作するゲームで、銃口を敵に向けてトリガーを引くまで全て実際のモーションで行います。リロードが降るっていうのが実はかっこ気持ちよいいんだけどね・・問題は・・
撃てども撃てども当たらない・・( ;∀;)シクシク
これはさすがに心が折れたのがそこまでリアルにするんかい?という鬼畜仕様。例えば、リボルバーやハンドガンなど比較的、近~中距離の弾は手を向けた方へまっすぐ飛ぶので、2~3発撃ちながらエイムの位置をずらして行けば、だいたい狙った所へ修正できるのだけど
アサルトライフルやボウガンなどは一発撃つたびの反動なのか、連射による集弾性の問題なのか・・同じ所にエイムを固定してるのに撃つたびに弾が飛んでいく方向が変わってしまうので当たらないのである( ;∀;)
せっかく弾数も多いし、威力も高いのに「当たらなければどうということはない」とつぶやかれるレベルで敵さんにばんばん撃ち返されてしまうのです。ただ後から気づいたけど、ゲーム中に開く設定画面でエイム先を表示するレーザーを表示できるって・・それ、タイトルのオプションにもいれておいてくれよレベルで射撃精度変わります(笑)

弾がなければ北斗百裂拳!(近接武器)

ノーマルモードだからなのかわからないけれど、とにかく弾が出ない!初期のバイオハザード並に弾薬がないので、エイムが下手くそだとかなり序盤からナイフと手斧のみになります(笑)
そうなったら、無理やりにでも懐に飛び込んで、近接攻撃を繰り出すしかないのだけど・・この近接攻撃の手を振り回す速度の速い事速い事(笑)
あたたたたたたたたた、あたー!\o=(;゚ロ゚)=o/
めっちゃ近くでアップの敵から飛び散る返り血を浴びながら、ナイフと手斧でずたずたに切り裂くというアクションをしないと、絶対銃弾では倒れない敵(ガトリングやショットガン)がいるので、これは避けては通れない道なのです

戦闘攻略のコツは遮蔽物を利用したカバー移動

このゲームはボタンを押せば物陰に移動して遮蔽物で銃撃を回避できるというものではなく、自分で遮蔽物まで移動して隠れながら撃つという操作をしなければいけないので結構大変ですが、自分の思い通りに操作できた時にはもう、リアルにその世界にいる感覚を得ている事は間違いないですね
敵に対して水平移動で遮蔽物に隠れられるポジションをとって、水平移動で撃っては隠れ、撃っては隠れじゃないときついですよ(;´・ω・)

実際に動かすVRならではのアクション多数

驚いたのはギミックを動かすという操作をリアルで同じようにリモコンを動かす必要があるという事
クレーンVR
クレーンVR
  • 例えば、扉を開けるというミッションでは、手を伸ばして入れて、握って、ひねって、ボタンを押す
  • 例えば、ロッククライミングは実際に腕を伸ばしてでっぱりをグリップを左右交互に行う
  • 例えば、クレーンで障害物をどかすというミッションで実際にクレーンのレバーを操作する
  • 例えば、箱の中でころころ転がるボールを穴に入れる時は、実際に箱を傾ける操作をする
  • 例えば、梯子の上り下りも同様に実際に梯子を上る時のように左右交互にアクションする
体感系としてもとても楽しく珍しいギミック盛りだくさんです

まとめ:PSMOVEリモコンを最大限に楽しみたいならイモータル・レガシー不滅の禍

2019年になってVRゲームの質が急激に向上したのを感じますね!こうなってくると俄然これから発売のVRソフトが楽しみです!やっとリモコンの使い方をじっくりと堪能できるゲームの登場って感じですね
いままでのはあくまでもゲームコントローラーでしたが、イモータル不滅の渦では、プレイヤーにとって銃であり、手であり、腕であるという事を無意識に切り替えて使ってるので、後からそれに気づいてびっくりすると思います(笑)
  1. バイオハザード系のリアルホラー・ガンアクション要素
  2. シェンムーのような深い物語のアドベンチャー要素(おそらく続編あり)
  3. 映像クオリティ+リアル操作体感系要素
  4. 怖さの緩和に美女・美少女微エロ要素
  5. 完全日本語対応
必要なのはPSMOVEリモコン2本とPSVRです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です