ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

IOCHOW IO2 レビュー 生活密着型小型プロジェクター

 | 
コンパクトな小型プロジェクターなだけじゃない!?投影角度90°は意外と便利!実際に使ってみてわかった毎日使える生活密着型ガジェット!インドア・アウトドアどっちも行ける凄い奴だったので詳しくレビュー
io2 梱包内容
  • IO2 本体
  • 説明書(日本語)/クイックガイド
  • リモコン(電池付属なし)
  • HDMIケーブル×1
  • 充電用microUSBケーブル/ACアダプター
  • HDMI-microUSB変換コネクター
  • 持ち運び用収納袋

プロジェクターの外観

正面
プロジェクターの正面は投影用のレンズと排熱機構がついてます
背面
背面にも排熱機能があります。電源接続用のポートがあります
左側面
左側面には、排熱口、電源ボタン、焦点調整用のダイヤル、3.5mmイヤホンジャック、HDMIポートがついてます
右側面
右側面には排熱口と音量調整ボタンがついてます

リモコン

リモコン
リモコン 電池
基本的に操作はリモコンで行う事になりますが、ボタンは非常にシンプルです。明るさ調整/ミュート/十字キー/決定/ホーム画面/マウス切替/戻る/音量上げ下げ
電池は付属していないので、別途単4電池を2本用意する必要があります

充電用ケーブルと充電方法

充電用アダプター
モバイルバッテリーで充電
電源は付属のmicroUSBの先端にACアダプターを接続してコンセントから給電して利用します。本体内蔵バッテリー容量が5000mAhあるので、そのまま使えますが、microUsbケーブルの接続先をモバイルバッテリーにする事でコンセントがない環境でも長時間の利用が可能です

IOCHOW IO2 プロジェクター動画レビュー

IO2 プロジェクターの初期セットアップから、アプリのインストール、実際の映像確認まで試した見た動画です。実際にNETFLIXをインストールして再生して見て思ったのが、まずスピーカーの音がいいですね(結構音量高め)
スイッチをHDMIケーブルで接続しTVモード(1080p)で出力してみた結果、カラーも綺麗に再現されてるし、約2.5mで100インチほどに拡大されても、明るさも暗くはなかったです
で、実際に使ってみてこりゃ便利!(*´▽`*)と思った点をまとめていきます

90°投影は天井スクリーン=寝ながら見るため

天井をスクリーンにする
昔からのプロジェクターは調整ネジを使って投影角度が30~45°で投影するのが基本でした。しかしこれは90°、垂直です、真上に投影する事になります
そんな、真上って、天井しかないやん?天井に映してみたら首痛くなるやん?そんな状況で・・あ(゚д゚)!そうかこれ、寝ながら使うのが正解や!

スクリーンサイズは20~100インチ

投影距離 1m
投影距離 2.5m
最初にセットアップを行った時、投影した壁までの距離は約50~60cmで、その際の画面の大きさは約20~24インチという感じでした。上記の天井に映している写真では、約1m離れて30~40インチ。壁に映してる写真では約2.5mほどで100インチ近いサイズになってます
照射光度が1400ルーメンとの事で暗いかもしれない?と前評判を気にしてたけど、新技術のDLPで2000ルーメン並というのもあながち嘘ではない?(3200と1800のタイプを持っているので)と思えてしまうのは、上記の写真は朝の明るい光がある場所であれだけ色がはっきり見えているという点
完全に真っ暗な状態で投影するスクリーンの背景が白であれば、明らかにさらに良く見えるのは想像できますよね( ̄ー ̄)ニヤリ

他のプロジェクターとサイズ比較

プロジェクターサイズ比較
箱から出さずにサイズ比較ができるかぁ!って思わないでください。だいたい箱と中身のサイズは同じです(笑)
そう考えた時のIO2の圧倒的な小ささがよくわかりますね、モバイルバッテリーを足してもまだサイズが小さいです
従来の大画面スクリーンに投影する事を目的とした固定設置型プロジェクターとはコンセプト(携帯性・持ち運び)が違いますね

生活密着型プロジェクター

  • コンパクトで持ち運び利用を目的とした設計デザイン
  • WIFI対応・内蔵OSで本体のみでストリーミング再生出力
  • 内蔵ストレージにダウンロードしてオフライン再生にも対応
  • 大容量内蔵バッテリー搭載&モバイルバッテリー給電にも対応
  • 最大90°垂直真上の天井をスクリーンにする寝ながらスタイル
  • HDMIケーブルで外部コンテンツを出力するモニターに
  • 無線でスマートフォン等の画面をテザリングするMIRACAST/AIRDROP対応
はっきり言って仕事のためのプロジェクターではなく、生活の一部に溶けこんでしまうプロジェクター!暗い場所ならどこでも20~100インチのスクリーンにできるスマートガジェット
これは買って大満足でした(∩´∀`)∩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です