ガジェット&気になるゲームレビュー倉庫

第二弾アプデ マム・タロトで再び動き出したモンハンワールド

 | 
度重なるバランス調整失敗、やる事はもはや古龍狩りしかなくなった今、イビルジョーの追加も不発に終わり、いよいよブームの終焉か・・という所に予告なしアプデで新古龍!?その名もマム・タロト!そして発掘武器システムに重ね着装備の解放など・・始まったモンハンワールド!
MHW マム・タロト
見た目は牡牛のようで体は金ぴかでとにかく巨体。固い殻を覆ってはいるものの、腹部を攻撃して部位破壊後、怒り状態になると熱で金属が柔らかくなりダメージが通りやすくなる
MHW マム・タロト
MHW マム・タロト
部位破壊で殻が壊れていくごとに軽量化されて攻撃パターンが変化。第二形態での遠距離攻撃に注意。一直線に正面から真上に向かって放つ炎はグラビモスを彷彿させる一撃でボウガンや弓など遠距離武器も射程外と油断はできない。
MHW マム・タロト
また足もとに張り付く近距離武器に対しても広範囲、長時間持続の環境ダメージをじわじわ与えて削ってくるため即死ではないが炎耐性がないと瀕死になる攻撃なので注意が必要
MHW マム・タロト
牡牛の角を破壊すると、ファラオのようなツタンカーメンみたいな見た目になるだけじゃなくボディは爬虫類のトカゲのようになるあたり、私は神だ!みたいな煌びやかな姿の下に本当の姿はただの爬虫類・・的な意味深なモンスターデザインである
MHW マム・タロト
ツタンカーメン、エジプトのピラミッドの地下通路のような構造、真の姿はトカゲ、奥の穴へ逃げ込む・・うーむ奇妙な一致(笑)

頭狙えないと終了!ガンナーと操虫棍が重要

新古龍マム・タロトミッションの目的は、道中追いかけながら部位破壊を行い、最深部へと追い込んでいく工程になるけれど、最終的に頭部の破壊のため、ピンポイントで頭を狙える武器種が最適。
もちろん、足を狙って転ばせるのも方法だが、最終形態はすばしっこい上に足元が広範囲攻撃で近づきにくい。そのため遠距離から狙いをつけられるヘビーボウガン・ライトボウガン・弓などの武器種がかなり重要な役割をもっている
追跡は何の武器種でもいいけど、最終決戦をきっちり勝ちたいなら支給された戻り玉を使って、遠距離武器でいけるように装備を作っておくといいですね。
近距離武器でも戦えるのが操虫棍は虫を飛ばして頭部に遠隔攻撃を加える事もできるし、ジャンプ攻撃で直接頭部に張り付いて攻撃し、乗り値を蓄積させ、ダウンさせる事で集中的に頭部にダメージを集めるチャンスを作る役割を持っているので重要
パーティに操虫棍がいて乗り状態になったら、ダウンで頭が下がってくる事を想定して、切れ味MAXに研いでラッシュを狙える体勢にしておきましょう

発掘武器・鑑定武器システムの復活

MHW マム・タロト
MHW マム・タロト
マム・タロトの大角から鑑定武器が出現。武器種、レア度はランダムで、素材を集めて作る武器とは違い、武器の威力や属性、ステータスなどがランダムに割り振られているため、所有する武器よりもはるかに強いぶっ飛んだ性能の武器が登場する可能性がある。一回の大角破壊(※最短3周)で5~6個の鑑定武器が出現する

4×4のパーティだから周回も苦ではない

集会所最大16人で4人パーティ×4が同時にマム・タロト狩猟に向かう事で、進行度を掛け合わせる事ができ、通常よりも早く達成報酬を手に入れる事ができる
集会所検索でマム・タロト狩りをしている部屋を効率よく探せるため人数が集まっている部屋に入ると大人数で狩れて効率が良く遊べます
ただHRが低く、装備が弱い状態では乙って他の人に迷惑をかけるので、マム・タロトに挑むなら最低限、上位装備をMAXまで強化はしといたほうがいいですね
16人集会所狩り(実質4人パーティ)が可能という事は、今後のアプデでも様々な大型種が登場できる良い前例を作った可能性がありますね!再び始まったな!モンハンワールド(∩´∀`)∩

歴戦危険度2で英雄の龍脈石がでるようになった!

ありがとう!マム・タロトよりこっちのバランス調整のほうが断然うれしい!今まで古龍3頭を狩る&馬鹿じゃねーの?というぶっ壊れ歴戦ジョーと戦う以外、良いアイテムがでない&古龍以外のモンスターの狩りが
バウンティ達成程度だけで、普通モンスターの歴戦種と戦う必要性が皆無になっていた現状が、歴戦危険度2のモンスターでも欲しい龍脈石がでるようになった!
その改善のおかげで、レイギエナやオドガロン、レウス・レイア亜種とか色々とバリエーション豊かに狩りを楽しめるようになりそうだ!再び始まったな!モンハンワールド(∩´∀`)∩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です